MENU

水道水の歴史

2018.03.05 水の豆知識

日本の水道水の歴史をみると、きれいな飲み水を配るように初めてつくられた水道は、東京の「神田上水」で、天正18年(1590年)のことです。この時代は、徳川家康が、江戸(今の東京)に大城下町を建設し始めた頃 に当たります。

しかし、この時代の水道は、川や池の水をそのまま飲み水にしていました。水を消毒したり、ろ過して配るための浄水場が日本で初めてつくられたのは、明治20年(1887年)の横浜市です。

神戸市は、7番目で、明治33年(1900年)のことです。

1.横浜市/明治20年(1887年)
2.函館市/明治22年(1889年)
3.長崎市/明治24年(1891年)
4.大阪市/明治28年(1895年)
5.広島市/明治31年(1898年)
6.東京都/明治31年(1898年)
 7.神戸市/明治33年(1900年)

ARCHIVE

CATEGORY

一般財団法人神戸市水道サービス公社
〒654-0026
神戸市須磨区大池町5丁目6番30号
TEL078-733-5150(代) / FAX 078-739-0702
Copyright © Kobe Water Service Corporation. All Rights Reserved.
ページの先頭へ